ブログ

【ほっとひといき】はぎれで作れる♪ マスクケースの作り方

今回は、前回登場したマスクケースの作り方をご紹介します。
おうちにあるはぎれでも作れるサイズですので、ぜひ気軽な気持ちで作ってみてくださいね。

【材料】
外布…ヨコ20㎝×タテ38㎝、内布…ヨコ20㎝×タテ38㎝、接着芯(薄手)…ヨコ17.5㎝×タテ20㎝

【用意するもの】
ミシン、ミシン糸(生成りまたは外布の色に合わせた色)、まち針、定規、チャコペン、糸切りばさみ、アイロン、アイロン台

※生地はリネンやガーゼなど、洗濯しやすくやわらかいものがオススメです。接着芯はくったりしすぎる場合に貼ってください。かたい仕上がりになると、返し口からひっくり返しにくくなることがあるのでご注意ください!
※今回はミシンを使用していますが、手縫いでも作ることができます。手縫いの際は1-②の端ミシンの工程は省略しましょう。

0.はじめに

接着芯を貼る場合は、最初に外布(裏)の図の位置に貼りましょう。
上下9㎝、左右は均等になるように貼ります。

1.上下を縫い合わせる

①外布と内布を中表になるように重ね、それぞれ端から1㎝のところを縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

②わきからひっくり返し、アイロンでなじませた後、縫い合わせから2㎜のところに端ミシンをかけます。
再度ひっくり返し、中表の状態にします。

2.折りたたみ、左右を縫い合わせる

①1でぬい合わせたところから、外布・内布それぞれ8㎝のところを山折りにし、アイロンで折り目をつけます。
拡大するとこんな様子です。
②外布と内布の折り山同士を重ねます。
重ねたところです。
③下側も同様に折り込みます。

横からみたところ。

3.左右をぬい合わせ、表に返す

①左右をそれぞれ端から1㎝のところを縫います。ただし、一方は中間3㎝ほどを返し口として縫い残します。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。
②返し口から表に返し、アイロンで形を整えます。返し口ははしご縫いします。

マスクケースの完成!

【でき上がりサイズ】開いたとき:ヨコ18㎝×タテ20㎝、たたんだとき:ヨコ18㎝×タテ10㎝、ポケットの深さ:約8㎝
今回ご紹介したマスクケースは、大人用マスク(ヨコ17.5㎝×タテ9㎝)や女性用マスク(ヨコ14.5㎝×タテ9㎝)がちょうど収まる大きさです。 ポケットが2つあるので、大きさ違いでしまったり、片方にポケットティッシュをいれたりといろいろな使い方ができそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る